大自然 と サバイバル 動物感覚/

大自然と 動物たち とナチュラルに生きる

木 The Tree :エズラ・パウンド


木 The Tree :エズラ・パウンド




エズラ・パウンドの詩集「ペルソナ」から「木」The Tree(壺齋散人訳)


  俺は森の中の一本の木となって
  見たこともない事柄の真実を知った
  たとえばダフネや月桂樹の枝について


  また神々に祝福されたカップルが
  野原に大きな樫の木を育てると
  神々がそれを愛でて光臨し 
  彼らの家庭に迎え入れられるや
  偉大な啓示を垂れ給うたということを


  こうして俺は一本の木であり続け
  多くの新しい知恵を身につけた
  以前ならくだらないと思っていた事柄を



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パウンドは1909年にだした第三詩集に「ペルソナ」という題名をつけたが、1926年にそれまでの始業を締めくくるための自選選集を編むにあたっても、「ペルソナ」という題名をつけた。


ペルソナとは本来人格というほどの意味だが、仮面という意味もある。そこからさまざまな人格を使い分けるというようなニュアンスをもつようにもなった。パウンドはそのニュアンスを尊重しているわけである。


この詩はパウンドが人間ならぬ一本の木に変身し、木の立場から世界を眺めたら、どういう光景が現れるかを歌ったものだ。



The Tree


  I stood still and was a tree amid the wood,
  Knowing the truth of things unseen before;
  Of Daphne and the laurel bow
  And that god-feasting couple old
  that grew elm-oak amid the wold.
  'Twas not until the gods had been
  Kindly entreated, and been brought within
  Unto the hearth of their heart's home
  That they might do this wonder thing;
  Nathless I have been a tree amid the wood
  And many a new thing understood
  That was rank folly to my head before.



タイトル修正/大自然サバイバル ☆人間よ.生きろ

シンプルに 、最も  実際のわたしが いる現実感覚を 
表したいと 思います。


わたしは 動物と 暮らす。
動物を 通して、人間の生き方を 振り返る。


イルカの生態を 長年、研究してる研究者と 似てる気がした。
ときどき、超音波で コミュニケーションするイルカたち。


テレパシーで イメージを 動物に 伝える。


樹木と 会話する 超能力者に 学びに 行ったことが あった。
師匠様は、熱烈歓迎してくれて 大いに 学び 成果を 得た。



動物たちの  臆病な 警戒心は、危険回避の 本能。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ブログタイトル:


大自然とサバイバル 動物感覚/ 人間よ 生きろ [修正]


説明文:


「物質世界の豊かさと、 人間の精神は反比例し すさんでしまう。」
神秘学者 ルドルフ シュタイナー の言葉。



迷信の博物館−(図書館ライブラリー)


迷信とは?


古い因習に 基づいた 非合理な 妄想。


あるいは 妄想と 快感を伴うバーチャリティー。 


現実逃避で わずかな脳内麻薬する保身術。

日本人が 知らぬうちに信仰する「日本教の第一教義」



Superstition - Stevie Wonder (Live @ the White House)


博物館とは?

人類史に おける遺産を 陳列した建築物。


迷信 という非物質である思考形態を
オーパーツとして 陳列する〜。


非物質なイメージを、脳内から 取り出して 物質世界に
実体化するオペレーションの博物館。


非金属を ゴールドに 変える 社会の錬金術を見抜く、
鳥瞰 思考形態。


第三の目  アジナ チャクラを開発するための松果体の起動。